FC2ブログ

    秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    惑星探査機ドーンが捉えた準惑星ケレスの不思議な明るい部分のクローズアップ

     NASAによって2007年9月27日に打ち上げられた惑星探査機ドーン(Dawn)は、火星と木星の公転軌道の間にある小惑星帯(asteroid belt)の準惑星ケレス(Ceres)の探査を続けています。
     写真はケレスの最新画像で、ドーンがケレスから34kmという近距離から撮影したケレスの直径90kmのオカットルクレーター(Ocaator crator)の中にある不思議な明るい部分のクローズアップです。以前ドーンによって発見された、この不思議な明るい部分の地表は、Cerealia Faculaと名付けられています。この不思議な明るい部分は、氷ではなく、汚れた雪のようだと考えられています。
     ケレスの長径は952kmあります。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ



    CerealiaFaculaPIA21924_1024.jpg



    関連記事
    スポンサーサイト
    1. 2018/07/20(金) 19:11:36|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<火星探査機マーズ・エクスプレスが捉えた火星の南極 | ホーム | 火星探査機マーズ・リコネッサンスオービーター捉えた不思議な地形>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/827-0f9cb30f

    shibamatax

    03 | 2019/04 | 05
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search