FC2ブログ

    秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    さそり座のアルファ星アンタレスと美しい星雲Rho OphiuchusとSharpless 1

     さそり座のアルファ星で一等星のアンタレスは、地球から600光年の距離にあり、直径は太陽の230倍もある赤色巨星です。
     写真上の大きな黄色がかったオレンジ色の大きな星がアンタレスです。アンタレスの上方には青く光っているエリアがありますが、ここは新しい星が生成されている所で、へびつかい座のロー星が中心にあります。このロー星を中心とした星雲全体はRho Ophiuchusと呼ばれています。
     アンタレスの左下には赤色の散光星雲のエリアがあり、また、アンタレスの左側には小さな球状星団M4が見えます。
     写真の下にある青色の星雲は、青い馬頭星雲(IC4592)と名付けられている所です。
     写真の左上にある青色の星雲は、Sharpless 1と呼ばれている反射星雲です。 写真右側の青い領域は、"Rho Ophiuchi"と呼ばれている星雲で、新しい星が生成されている領域です。この星雲は、これらの新しい星々の光を反射して青白く輝いています。写真左下の赤い領域は"Sigma Scorpii"と呼ばれている星雲で、高エネルギーによって星間ガスが赤く光っています。
     写真下は、写真上のアンタレス周辺のズームアップ画像です。
     画像クリックで画面いっぱいに拡大します。

    写真左上のオレンジ色に耀く明るい星がさそり座の1等星アンタレスです。アンタレスは、地球から600光年の距離にあり、太陽の700倍の直径を持つ赤色巨星で、明るさは太陽の1万倍もあります


    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    MwPastAntares_Andreo_2048 (2)



    MwPastAntares_Andreo_2048 (3) (1280x507)






    スポンサーサイト
    1. 2018/07/04(水) 22:01:54|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<探査機ニュー・ホライズンズが捉えた冥王星の最大の衛星カロン | ホーム | JAXAの小惑星探査機はやぶさ2が捉えたリュウグウの神秘的な姿>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/824-591ce261

    shibamatax

    10 | 2018/11 | 12
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search