秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    おおいぬ座のカモメ星雲IC2177と雷神のかぶと星雲NGC2359

     おおいぬ座のアルファ星シリウスの方向にある散光星雲は、羽を広げて飛ぶカモメの姿に似ていることからカモメ星雲(The Seagull Nebula)(IC2177)と名付けられています。地球からの距離は3800光年で、差し渡しの大きさは250光年もあります。カモメ星雲は日本ではわし星雲とも呼ばれております。
     カモメ星雲の右下の見える小さな星雲は、雷神のかぶと星雲(NGC2359)(Thor's Helmet Nebula)と呼ばれる発光星雲で、地球から15000光年の距離にあり、差し渡しの大きさは50光年あります。ます。
     このNGC2359は、中心近くにある巨大な青白い星から時速数百万kmの猛スピードで高エネルギーを持ったガスが噴出されて出来たと考えられています。
     写真下は、NGC2359のズームアップです。

     SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ





    SeagullVillaverde (2) (1080x595)


    SeagullVillaverde (2)







    スポンサーサイト
    1. 2018/03/18(日) 12:41:16|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<イータ・カリーナ星雲で新発見された超新星 | ホーム | NASAの土星探査機カッシーニが捉えた鮮明な衛星ディオーネの美し姿>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/810-c7137520

    shibamatax

    03 | 2018/04 | 05
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search