秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    うみへび座のレンズ状の楕円銀河NGC4993と中性子星の合体

     うみへび座の方向にあるレンズ状の楕円銀河NGC4993は、地球から1億3000万光年の距離にあります。2017年8月17日に、このNGC4993の中で2つの中性子星が合体して発生した巨大なガンマ線爆発(gamma-ray burst)が起こり、重力波が検出されました。この重力波信号は、GW170817と名付けられています。
     巨大なガンマ線爆発は、発生の6日目には、大分小さくなりましたが、オレンジ色に輝く姿が、ハッブル宇宙望遠鏡によって捉えられました。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えNGC4993で、銀河のい中心核の左上にオレンジ色の天体があります。このオレンジ色の天体が、重力波信号GW170817'sを出した合体した中性星です。
     重力波は、2016年2月にアメリカの研究所によって初めて観測されましたが、その時は2つのブラックホールの衝突によるものでした。その後も、重力波は観測されていますが、いずれも2つのブラックホールの衝突によるもので、2つの中性子星の衝突による重力波が検出されたのは初めての事で、画期的な発見です。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ



    NGC4993_Hubble_960_annotated.jpg




    スポンサーサイト
    1. 2017/10/25(水) 16:27:54|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービーターが捉えたドライアイスの氷が解け始めた北極圏の砂丘 | ホーム | ろ座の壮大な巨大棒渦巻銀河NGC1365>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/788-ad87d73b

    shibamatax

    05 | 2018/06 | 07
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search