秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    活動期に太陽の表面に現れた巨大なフィラメント構造

     太陽の活動は11年ほどの周期で変動しており、前回の太陽活動の極大期は2013年でした。
     写真は、波長1~10ナノメートルの極紫外線を使って極大期に近い2012年に撮影されたものです。写真は、疑似カラーで色は反転しています。太陽の表面には、活動期に見られる巨大なフィラメント構造が見えます。太陽の周囲には、巨大なプロミネンスも確認できます。
     太陽の背景には、はるか彼方の無数の恒星が確認できます。
     画像クリックで拡大します。



     SOURCE:NASA

    秘密の世界へ



    人気ブログランキングへ




    blacksun_lafferty_1600 b


    スポンサーサイト
    1. 2017/02/20(月) 08:19:51|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<木星探査機ジュノーが捉えた白斑 | ホーム | ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたとも座のひょうたん星雲>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/754-9b6ff865

    shibamatax

    03 | 2017/04 | 05
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search