秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたとも座のひょうたん星雲

     とも座の方向にある惑星状星雲の初期の姿を見せるひょうたん星雲(The Calabash Nebula)(OH231.8+4.2)は、太陽位の大きさの恒星が最期を迎えた比較的初期の姿を見せています。
     ひょうたん星雲は、地球から5000光年の距離にあり、その長径は1.4光年あります。
     塵と濃いガスによってひょうたん星雲の中心にある白色矮星は見えませんが、この星から噴出された塵やガスは、時速100万km位のスピードで宇宙に拡がっています。ひょうたん星雲は、The Rotten Egg Nebulaとも呼ばれています。 
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたひょうたん星雲です。
     画像クリックで拡大します。


    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    Calabash_HubbleSchmidt_960.jpg





    スポンサーサイト
    1. 2017/02/16(木) 10:58:42|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<活動期に太陽の表面に現れた巨大なフィラメント構造 | ホーム | アカタマ砂漠から撮影された満天の星空と大気光>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/753-fcd7291e

    shibamatax

    05 | 2017/06 | 07
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search