秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    土星探査機カッシーニがとらえた美しい土星の環

     土星の赤道直径は、120,660Kmあります。土星の輪は、土星の表面に近い方から、D環、C環、B環、A環と明るい環があり、その外側に小口径の望遠鏡では分からないF環、G環、E環等が続きます。
     土星の表面に一番近いD環は、土星の中心から73,030Kmから74,500Kmまで広がっています。これは、土星のガスの表面からは、12,700Kmから14,170Kmの上空に当たります。
     土星の輪は、レコードの溝のように数千本もあり、岩石のかけらや雪状のものや氷のかけらや塊で出来ています。その岩石のかけらや氷のかけら等の大きさは平均で0.9m、小さいもので数㎜から10㎝くらいのものですが、大きなものになると10mくらいの塊もあります。土星の環の厚さは非常に薄く、厚いところでも数十m位です。
     写真は、2007年5月に土星探査機カッシーニ(Cassini)が撮影した土星の輪の一部で、実際の色で撮影された複数枚の画像を合成したものです。
     画像をクリックすると拡大して見ることが出来ます。
     
    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    PIA08389_fig1_h500.jpg



    スポンサーサイト
    1. 2016/11/29(火) 15:20:05|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたケンタウルス座銀河団の楕円銀河NGC4696 | ホーム |  南天の大マゼラン雲の中にある宇宙の巨大なシャボン玉SNR 0509-67.5>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/742-3b94280e

    shibamatax

    06 | 2017/07 | 08
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search