秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    第9惑星冥王星の姿

    太陽系の第9惑星である冥王星は、地球から太陽までの距離のおよそ40倍も遠いところを公転しており、その平均距離は58.7億Kmとなっています。
    冥王星は、惑星の中でもっとも小さくその直径は2320kmで地球の月(直径3476km)の3分の2しかありません。
    また、冥王星は、太陽からもっとも遠いところを公転していますが、実は、公転軌道が惑星の中でもっともつぶれた楕円形になっているため、公転周期248年の内、約20年は海王星の公転軌道の内側を回っています。このときは、海王星が太陽からもっとも遠くの惑星ということになります。その公転軌道も大きく傾いており、黄道面に対して17.1度と惑星の中で最大となっています。
    写真上は、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した冥王星の全体像です。画像はコンピュータ処理されています。
    写真下は、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した冥王星とその衛星カロンの画像です。カロンの直径は、1270kmあります。冥王星とカロンの直径比率は、54.7%もあり、これは、太陽系の惑星系の中で最も大きい比率となっています。

    NASAは、2006年1月19日、冥王星の無人探査機「New Horizons」(ニューホライズンズ)の打上げに成功しました。この探査機は、478kgあり、2015年夏には冥王星へ到着する予定になっています。(2006.1.22追記)


    103999main_pluto.jpg


    20060119215532.jpg



    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    スポンサーサイト
    1. 2005/12/04(日) 12:48:37|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<宇宙から見たヨーロッパの夜 | ホーム | 宇宙から見た"ユーコンデルタ">>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/69-16ca8243

    shibamatax

    06 | 2017/07 | 08
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search