秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブル宇宙望遠鏡が木星の姿と大赤斑に重なったガニメデの影

     ハッブル宇宙望遠鏡は、2014年4月21日に木星をターゲットに数多くの画像を得ることが出来ました。地球の周回軌道からハッブル宇宙望遠鏡は木星を撮影しますが、その解像度は、1973年12月に木星の脇を通過し木星の探査を行った最初の探査機であるパイオニア10号と同等と言われています。
     このハッブル宇宙望遠鏡による木星の撮影によって、大赤斑の大きさが長径で16500kmに縮小したことが分かりました。
     そしてこの画像には、丁度大赤斑の上に太陽系で最大の衛星ガニメデ(Ganymede)の影が捉えられていて、巨大な目のようにも見えます。

    「秘密の世界」へ
     
    SOURCE:NASA

    人気ブログランキングへ

    15652333232_a047ba3649_o (1)



    スポンサーサイト
    1. 2015/03/02(月) 18:22:31|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<水星探査機メッセンジャーが捉えた水星のカロリス盆地の姿 | ホーム | 探査機ドーンが捉えた準惑星ケレスの神秘的な姿>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/652-74da273e

    shibamatax

    08 | 2017/09 | 10
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search