秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブル宇宙望遠鏡とスピッツァー赤外線宇宙望遠鏡によって捉えられた天の川銀河の中心部

     私たちの天の川銀河は渦巻き型銀河と考えられていますが、その中心はいて座の方向の天の川の中にあります。
     天の川銀河の中心部(Galactic Center)は、太陽系から3万光年離れています。天の川銀河の中心部は、可視光線では塵によって星の光が遮られ細かなところまでは見ることが出来ません。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡の赤外線観測装置を使用して2008年に撮影された2000枚の画像とスピッツアー赤外線宇宙望遠鏡によって塵を通して捉えられた画像を合成して作成された天の川銀河の中心部です。
     写真の右下の明るい部分は、銀河の中心にあると考えられている超巨大ブラックホールのサギタリウスA*を中心とする星団です。
     写真の撮影範囲は、画像の左右300光年、上下115光年です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    gcenter_hstspitzer_1080.jpg



    スポンサーサイト
    1. 2015/01/18(日) 22:26:31|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ロシアのマニププニョール高原の石柱 | ホーム | 太陽の南半球に出現した巨大なコロナホール>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/646-4c050c65

    shibamatax

    07 | 2017/08 | 09
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search