秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    太陽の南半球に出現した巨大なコロナホール

     2015年1月1日の太陽は、2014年12月31日まで出現していたコロナ大放出は収まり、太陽の南半球にには、平均的なコロナよりも密度が低く、また温度も低いため暗く見える巨大なコロナホールが出現しました。
     コロナホールは、1973年に打上げられたスカイラブの活動によって発見された比較的新しい現象で、まだ詳しくその成因は分かっていません。
     太陽の活動は、2014年がピークであったと考えられており、今後太陽の活動はさらに縮小していく周期に入ったと考えられています。
     写真は、2015年1月1日にNASAのSDO太陽観測衛星(Solar Dynamics Observatory)によって捉えられた太陽とその巨大なコロナホールです。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    20150101_001043_1024_0193.jpg




    スポンサーサイト
    1. 2015/01/09(金) 10:33:48|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ハッブル宇宙望遠鏡とスピッツァー赤外線宇宙望遠鏡によって捉えられた天の川銀河の中心部 | ホーム | M79銀河の近くを通過するラブジョイ彗星(C/2014 Q2) >>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/645-45d36828

    shibamatax

    04 | 2017/05 | 06
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search