秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    さそり座の散開星団M6とサイディング・スプリング彗星

     サイディング・スプリング彗星(Comet Siding Spring)(C/2013 A1)は、2013年1月3日にオーストラリアの天文家ロバート・マックノート氏によって発見され、非周期彗星と考えられている彗星で、近日点は2014年10月25日です。

     写真は、2014年10月9日に撮影されたもので、さそり座の散開星団M6(NGC6405)の近くを横切る様子が捉えられています。サイディング・スプリング彗星は、これまで発見された彗星の中で最も火星に近付く彗星で、2014年10月19日には火星から139,500kmの距離の所を通過しました。
     写真上はM6とM6の上方を通過するサイディング・スプリング彗星です。
     写真下は写真上のサイディング・スプリング彗星のズームアップです。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    M6SidingSpringLigustri (800x705)

    M6SidingSpringLigustri.jpg



    スポンサーサイト
    1. 2014/10/20(月) 15:43:52|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<最大級の黒点群AR2192と神秘的な部分日食 | ホーム | こぎつね座の散光星雲NGC6820と散開星団NGC6823>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/633-686e1f22

    shibamatax

    09 | 2017/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search