秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    赤外線天体望遠鏡で捉えた月の表面

    写真は、1996年9月の皆既月食の時に、地球を周回しているMSX衛星から赤外線天体望遠鏡"SPIRIT3"で捉えた月の表面です。
    明るい箇所は表面温度が高いところ、暗い箇所は表面温度が低いところです。特に明るい左斜め下の白いポイントは、見事な光条(レイ)で有名な"チコクレータ"です。直径102kmの"チコクレータ"ですが、何故このように他の箇所より温度が高いのかは分かっていません。

    20051025051852.jpg


    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    1. 2005/10/25(火) 05:19:19|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    <<超新星爆発の数千年後の姿を見せる"N132D" | ホーム | カテゴリー5の超大型ハリケーン・カトリーナ>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/59-fce00e3d

    shibamatax

    09 | 2017/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search