秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた最新のオリオン座の馬頭星雲

     ハッブル宇宙望遠鏡は、赤外線カメラを使ってオリオン座の三ツ星の一つである2等星のアルニタクの近くにある暗黒星雲の馬頭星雲(Horsehead nebula)と散光星雲NGC2023を捉えました。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡とチリにあるヨーロッパ南天天文台の口径4mの望遠鏡が捉えた画像の合成画像で、最新の馬頭星雲とNGC2023が鮮明に映し出されています。
     馬頭星雲は、地球から1500光年の距離にあります。
     NGC2023は、馬頭星雲の左下にある明るい星雲です。
     写真上の撮影範囲は、満月の直径の3分の2ほどで、左右の差し渡しは地球から1500光年の距離で10光年あります。
     写真下は、写真上の馬頭星雲のズームアップです。
    画像をクリックすると拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    HH-HST-ESO-gendler810.jpg


    horseheadir_hubble_960.jpg




    スポンサーサイト
    1. 2013/05/04(土) 16:30:02|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ナミビアで撮影された美しいレモン彗星の姿 | ホーム | 西暦1006年に観測された超新星SN1006 >>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/557-c20d30b2

    shibamatax

    05 | 2017/06 | 07
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search