秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    西暦1006年に観測された超新星SN1006

     おおかみ座の中で西暦1006年に大爆発した超新星は、日本の藤原定家の「明月記」にも書かれています。その他、中国、エジプト、イラク、イタリア、スイスでも観測されたことを示す文献が残っています。
     地球から7100光年の距離にあるこの超新星の残骸は、SN1006と名付けられています。
     SN1006の現在の直径は70光年あります。
     写真は、チャンドラX線宇宙望遠鏡がX線で撮影したものです。
     画像をクリックすると拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    sn1006_chandra_960.jpg



    スポンサーサイト
    1. 2013/04/27(土) 06:58:00|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた最新のオリオン座の馬頭星雲 | ホーム | 火星探査機マーズオデッセイが捉えた不思議な火星の地形>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/556-38a8b86e

    shibamatax

    03 | 2017/04 | 05
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search