秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    チャンドラX線宇宙望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡が捉えた惑星状星雲NGC6543,NGC7662,NGC7009,NGC6826

     地球から5000光年以内のところには多くの惑星状星雲(Planetary Nebula)があります。
     惑星状星雲は、太陽の質量の0.5~8倍くらいの恒星が最期を迎える時に赤色巨星になった時に、その恒星の外周部のガスが爆発的に拡散することによって出来ます。
     写真は、チャンドラX線宇宙望遠鏡とハッブル宇宙望遠鏡が捉えた4つの惑星状星雲NGC6543,NGC7662,NGC7009,NGC6826です。ユニークな姿を見せているNGC6543は、キャッツアイ星雲とも呼ばれています。
     チャンドラX線宇宙望遠鏡が捉えたX線は紫色で表示され、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた自然光は赤色、緑色、青色で表示されています。
     写真は、チャンドラX線宇宙望遠鏡が撮影したX線画像とハッブル宇宙望遠鏡が撮影した光学画像を合成したものです。
     
    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    pne (800x800)
    pnebbb.jpg
    pnebbb (4)
    pnebbb (3)
    pnebbb (2)





    スポンサーサイト
    1. 2013/01/14(月) 16:12:07|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星のクレーター内の地表の変化の様子 | ホーム | ペルセウス座の珍しい二重散開星団NGC869とNGC884>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/541-c09806e0

    shibamatax

    09 | 2017/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search