秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    X線天文衛星NuSTARが捉えた天の川銀河の中心部とブラックホール

     我々が住む天の川銀河の中心部は、いて座の方向に位置し地球から3万光年離れています。天の川銀河の中心部は、周りの塵によって光学望遠鏡では詳しく見ることは出来ません。そのため、X線望遠鏡や赤外線撮影を利用して天の川銀河の中心部を捉えることになります。
     写真は、2012年6月13日にNASAによって打上げられたX線天文衛星NuSTAR(Nuclear Spectroscopic Telescope Array)によって撮影された天の川銀河の中心部の画像と光学望遠鏡で撮影された画像を組み合わせたものです。
     天の川銀河の中心には、太陽の質量の400万倍もあるブラックホールのSgr A*(Sagittarius A*,*はスターと読む)があります。
     銀河の中心部では活発な活動があり、時々数時間に及ぶ超巨大な爆発が怒ります。写真の右側にある小画像、はNuSTARが初めて捉えられた天の川銀河の中心部の爆発の様子です。
     写真下は、写真上の左上部分のズームアップです。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    PIA16214nustar b (1024x614)

    PIA16214nustar.jpg




    スポンサーサイト
    1. 2012/11/05(月) 09:26:19|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1
    <<土星探査機カッシーニが捉えたタマゴ型の衛星メトネ | ホーム | カナダに出現した不思議な乳房雲>>

    コメント

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    1. 2012/11/10(土) 08:45:27 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/529-28bd46fd

    shibamatax

    08 | 2017/09 | 10
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search