秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブル宇宙望遠鏡が冥王星の5番目の衛星を発見

     ハッブル宇宙望遠鏡は、2005年5月に冥王星の2番目と3番目の衛星ニクス(Nix)とヒドラ(Hydra)を、また2011年7月には冥王星の4番目の衛星(P4)を新発見しています。
     2012年7月7日にハッブル宇宙望遠鏡は、冥王星に新たな5番目の衛星(P5)を発見しました。
     冥王星の直径は2300~2400km、最初に発見された一番大きな衛星のカロン(Charon)の直径は1200~1220km、ニクスは44~137km、ヒドラは44~160km、4番目の衛星は13~34kmと計算されています。そして、今回新たに発見された衛星P5の直径は最も小さく10~24kmと計算されています。
     衛星P5は、冥王星から46400㎞離れた軌道を公転しています。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が7月7日に撮影した冥王星とその衛星です。冥王星の明るい光を遮るため一部をマスクして撮影した画像と冥王星を撮影した画像を合成しています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    hs-2012-32-a-print_br.jpg

    plutop5_hubble_800.jpg


    スポンサーサイト
    1. 2012/07/12(木) 15:04:26|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<マーズオデッセイが捉えた火星のクレーターの奇妙な巨大な穴 | ホーム | 土星探査機カッシーニが捉えた神秘的な土星の環とタイタンの姿>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/511-2b017f04

    shibamatax

    05 | 2017/06 | 07
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search