秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    火星探査機マーズオデッセイが捉えた火星の不思議な巨大な割れ目

     NASAによって2001年4月7日に打上げられた火星探査機マーズオデッセイ(Mars Odyssey)は、2001年10月23日に火星の周回軌道に載り、その後これまでに多くの観測等を行ってきました。
     写真は、マーズオデッセイが2002年5月から2004年7月の間に撮影した複数枚の画像を合成したもので、写真の撮影範囲は左右の差し渡しで57㎞です。
     撮影された地域は、火星の北緯15度、東経170度の付近でサーベラス地域(the Cerberus region)と呼ばれているところです。この地域一帯は、太古に大量の水の流れによってクレーターの底面が平らになったり、浸食によってクレーターのリムが削り取られているのが分かります。また、画面上方には、どのようにしてできたか不明な不思議な巨大な裂け目があります。
     写真下は、写真上の左側にあるクレーター部分と割れ目のズームアップです。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    PIA13665 (2) (1024x657)

    PIA13665 (3)


    スポンサーサイト
    1. 2012/04/20(金) 20:53:50|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:2
    4. | コメント:0
    <<最新の地球観測衛星Suomi NPPが撮影した地球の超高解像度画像 | ホーム | 土星探査機カッシーニが捉えた木星と衛星イオの美しい姿>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/497-9efe2a8b

    まとめtyaiました【火星探査機マーズオデッセイが捉えた火星の不思議な巨大な割れ目】

     NASAによって2001年4月7日に打上げられた火星探査機マーズオデッセイ(Mars Odyssey)は、2001年10月23日に火星の周回軌道に載り、その後これまでに多くの観測等を行ってきました。 写真は、マーズオデッセイが2002年5月から2004年7月の間に撮影した複数枚の画像を合成?...
    1. 2012/05/05(土) 23:02:01 |
    2. まとめwoネタ速neo

    まとめteみた.【火星探査機マーズオデッセイが捉えた火星の不思議な巨大な割れ目】

     NASAによって2001年4月7日に打上げられた火星探査機マーズオデッセイ(Mars Odyssey)は、2001年10月23日に火星の周回軌道に載り、その後これまでに多くの観測等を行ってきました。 写真は、マーズオデッセイが2002年5月から2004年7月の間に撮影した複数枚の画像を合成?...
    1. 2012/04/20(金) 21:05:31 |
    2. まとめwoネタ速suru

    shibamatax

    08 | 2017/09 | 10
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search