秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の表面を流れた水の跡

     NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星のクレーターの斜面を調べた結果、クレーターの斜面を流れた水の跡が発見されました。
     このクレーターは、火星の南緯41.6度、東経202.3度に位置するニュートン・クレーター(Newton crater)と名付けられているもので、今回その斜面の冬と夏などの画像の比較から水の跡が発見されました。
     写真上は、火星の冬に撮影されたニュートン・クレーターの斜面です。
     写真中は、火星の夏に撮影された同じ場所の画像で、水の流れた後がよく分かります。火星の水には塩が含まれていいるために塩水が流れた跡と考えられています。
     このニュートン・クレーターが位置しているような陽のよく当たるクレーターの斜面では、夏になると地表の温度は摂氏27度くらいまで上がると考えられています。
     写真下は、火星の夏にワイドアングルで撮影されたニュートン・クレーターの一部です。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    20110801 003

    20110801 004

    marsstreaks_mro_1269.jpg

    スポンサーサイト
    1. 2011/08/05(金) 14:02:42|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<長い耳を持つ山猫カラカル | ホーム | マーズ・エクスプレスが捉えた火星の火山>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/460-b86f1b5e

    shibamatax

    09 | 2017/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search