秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    太陽に出現した巨大なコロナ質量放出

     太陽の表面に発生する太陽フレア(solar flare)は、太陽の活動が活発な所である黒点の近くで発生します。2011年6月7日にも黒点の近くで中規模の太陽フレアが発生していましたが、それに続いて大規模なコロナ質量放出(coronal mass ejection)(CME)がありました。
     写真は、NASAが2010年2月11日に打上げた太陽観測衛星ソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリー(Solar Dynamics Observatory)が2011年6月7日に撮影したコロナ質量放出です。通常、太陽のコロナの温度は100万度以上ありますが、今回のコロナ質量放出では80000度と低い温度が観測されています。
     このコロナ質量放出によって、電荷を帯びたプラズマ粒子流の一部が地球にも来て、地球の磁場との相互作用によってオーロラが発生すると考えられています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ


    sdo_jun7_full.jpg



    スポンサーサイト
    1. 2011/06/10(金) 15:16:26|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<地球観測衛星テラが捉えたチリのプジェウエ火山の噴煙 | ホーム | 大噴火したアイスランドのグリームスボトン火山>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/451-67e1ac04

    shibamatax

    07 | 2017/08 | 09
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search