秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブルが撮影した"ブーメラン星雲"

    地上の望遠鏡で見ると左右対称の形に見えることから"ブーメラン星雲"と呼ばれているこの星雲は、ケンタウルス座の方向にあり、太陽系から5000光年離れています。この星雲の長さは2光年です。
    "ブーメラン星雲"は、1500年ほど前に赤色巨星が大爆発を起こした跡の姿と考えられていますが、何故このように左右対称のような形になるのかはよく分かっていません。
    写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が2005年に撮影した最新の鮮明な"ブーメラン星雲"の姿です。
    画像クリックで拡大します。

    boomerang_hst.jpg

    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    1. 2005/09/16(金) 10:06:50|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<減少し続けている"アオウミガメ" | ホーム | 二つの銀河”NGC4038”と”NGC4039”の大衝突>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/45-d836ee51

    shibamatax

    09 | 2017/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search