秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    口径8mの巨大望遠鏡が捉えたいて座のラグーン星雲の美しい姿

     我々の天の川銀河の中心方向にあるいて座にあるラグーン星雲(Laggoon Nebula)(M8)(NGC6523)は、地球から5000光年の距離にあり、差し渡しの大きさは30光年あります。この星雲の中の特にガスやちりが集まっている所は、新しい星が生まれている星の生成領域と考えられています。
     写真は、チリのパチョン山にあるジェミニ天文台の口径8mの巨大望遠鏡(Gemini South Telescope)によって撮影されたラグーン星雲のサザンクリフ(The Southern Cliff)と呼ばれる部分を捉えたもので、差し渡しの大きさは画面左右で20光年あります。

     画像クリックで、画面いっぱいに拡大します。
     
    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ


    M8_rim2geminicrop1024.jpg



    スポンサーサイト
    1. 2011/05/11(水) 18:23:43|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<アイスランドに出現した美しいオーロラ | ホーム | ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたぺガスス座の球状星団M15>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/446-70999f25

    shibamatax

    04 | 2017/05 | 06
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search