秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    地上最大の10m天体望遠鏡が捉えた"NGC104"

    南天の小マゼラン雲の近くに裸眼でもその存在が見える球状星団"NGC104"(別名"47Tucanae") は、我々の銀河の中にある200個の球状星団の内、オメガ星団についで大きな星団で、地球から20000光年の距離にあります。
    写真は、地上最大の口径10mの最新天体望遠鏡(SALT)が捉えた"NGC104"(別名"47Tucanae")で、2005年8月に撮影されたものです。



    NGC104(47tucanae).jpg



    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ

    スポンサーサイト
    1. 2005/09/06(火) 23:01:50|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<エスキモー星雲と呼ばれる"NGC2392" | ホーム | ”Happy Face Crater””Heart Shaped Pit”と呼ばれる2つの火星のクレータ>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/41-7211bdc8

    shibamatax

    07 | 2017/08 | 09
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search