秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    土星探査機カッシーニが捉えた神秘的な土星の衛星レアとエピメテウスの姿

     土星探査機カッシーニは、2010年3月に土星とその環をバックに公転する土星の衛星レア(Rhea)とエピメテウス(Epimetheus)が並んでいる神秘的な姿を捉えました。
     レアは、土星の大衛星の一つで直径は1535kmあり、平均公転半径は57.7万kmです。レアの下に写っている小さな衛星がエピメテウスで、ジャガイモ型の小衛星で長径は135km、平均公転半径は15.1万kmです。
     レアが土星を一周公転する間に、エピメテウスは約6周してしまうほど早く公転しています。
     なお、土星探査機カッシーニは、2017年まで観測を続けることになっています。
     写真は画像クリックで画面いっぱいに拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    rheaepimetheus_cassini_big.jpg




    スポンサーサイト
    1. 2010/06/04(金) 10:21:30|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<大犬座の雷神のかぶと(NGC2359) | ホーム | マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の地表に積もった霜とフェニックスのバックシェル等の残骸>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/391-b84a689b

    shibamatax

    10 | 2017/11 | 12
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search