秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    アフリカ大陸からユーラシア大陸まで広く生息している美しいヒョウ

     ネコ科の猛獣であるヒョウ(Leopard)は、砂漠と西アフリカを除くアフリカの北から南及びヨーロッパと北ロシアを除くユーラシア大陸に広く生息していますが、生息数は少ないため、絶滅危惧種に指定されています。
     ヒョウの雄の成獣の体の大きさは個体差が大きいく、体長140~180cmで体重は50~100kgになり、雌は雄より二回りほど小さくなります
     ヒョウはサルやアンテロープ等を好んで捕食しますが、時には人間を襲うこともあり、近付くことは大変危険です。
     野生のヒョウは、写真上のように捕らえた獲物を木の上まで運び、そこで獲物を食べることが多いことが観察されています。
     全身黒色の毛を持つ黒ヒョウとヒョウ柄模様のヒョウは、生物学的には全く同種で、生息地域によってその存在比率が異なります。
     写真下は、ヒョウの子供です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:Arno Louise,Maurizio Contini
    「秘密の世界」へ

    Maurizio Contini

    Arno  Louise

    スポンサーサイト
    1. 2009/12/03(木) 15:09:23|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ポーラー・リングを持つ銀河NGC660 | ホーム | 彗星探査機ロゼッタが捉えた三日月形の地球の姿>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/365-da4ca2ec

    shibamatax

    06 | 2017/07 | 08
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search