秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    スウィフト衛星が紫外線で捉えたアンドロメダ銀河(M31)

     アンドロメダ銀河(M31)は、我々の天の川銀河と同じ銀河団に所属する銀河で、地球から250万光年の距離にある最も近い渦巻銀河です。アンドロメダ銀河の直径は20万光年もあり、天の川銀河よりも大きな巨大銀河で、2000億個を越える恒星が存在していると考えられています。
     写真上は、ガンマ線バーストを主に調査するためにNASAによって打上げられたスウィフト衛星が紫外線で捉えたアンドロメダ銀河です。この画像は、スウィフト衛星によって撮影された330枚の画像を合成したものです。明るい白色の所は、強烈な紫外線を出している若い星が集まっている星団でアンドロメダ銀河の中に約2万箇所あります。
     写真下は、自然光で捉えたアンドロメダ銀河です。
     画像クリックで拡大します。

     SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ 

    Swift_M31_large_UV70p.jpg

    OpticalAndromeda_h600.jpg





    スポンサーサイト
    1. 2009/09/22(火) 16:12:50|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<カッシーニが捉えた土星の環の消失時の土星の美しい姿 | ホーム | ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたさそり座のバタフライ星雲(NGC6302)の最新画像>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/354-42ec0764

    shibamatax

    07 | 2017/08 | 09
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search