秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    太古の生物のようなヒクイドリの姿

     ヒクイドリ(cassowary)は、走鳥類の仲間でダチョウ、エミューについで大きな鳥です。太古の生物のような姿をしているヒクイドリの体高は1.6mもあります。
     ヒクイドリは、ニューギニア島及びオーストラリア大陸北東部に生息していますが、その生息数は年々減少しており、絶滅危惧種に指定されています。今日でもニューギニア島では、原住民がたんぱく質摂取のために、野生のヒクイドリの狩猟が続けられています。
     ヒクイドリの性質は荒く、人を見るとその強力な脚で攻撃してくる場合があり、大変危険です。ヒクイドリは、雌のほうが雄より大きいのですが、50日間続く抱卵は雄の役割となっています。そして、雛が孵化した後、9カ月も雄が面倒を見ます。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:Jules shanghai,ottei
    「秘密の世界」へ

    cassowary Jules shanghai

    cassowary ottie


    スポンサーサイト
    1. 2009/01/30(金) 15:02:06|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<さんかく座の散光星雲NGC604 | ホーム | ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい惑星状星雲NGC2818>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/315-ba9024d7

    shibamatax

    09 | 2017/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search