秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の北極付近の不思議な地層

     2006年3月10日に火星の周回軌道に無事載ったNASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)は、その後順調に観測を続け、火星の北極付近で不思議な地層を高精細カメラで捉えました。
     写真は、MROが捉えたその地層で、撮影範囲は左右約1kmです。この地層は標高差が1000mあり、赤っぽい地表部分と水の氷と考えられている白い層が幾重にもなっています。このような地層は地球にはなく、火星においてどのようにして出来たのかは分かっていませんが、太古の火山活動によるものではとの考えも示されています。
     写真下は、写真上の中心部のズームアップ画像です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    marslayers_hirise_b.jpg

    marslayers_hirise_big.jpg



    スポンサーサイト
    1. 2008/10/07(火) 10:54:48|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<探査機カッシーニが捉えた土星の氷に覆われた衛星エンケラドゥスの最新画像 | ホーム | ハッブル宇宙望遠鏡によって分かった2つの渦巻型銀河2MASX J00482185-2507365>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/296-c07b6956

    shibamatax

    10 | 2017/11 | 12
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search