秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    彗星探査機ロゼッタが捉えた小惑星ステインズ

     ESAが2004年2月に打ち上げた彗星探査機ロゼッタは、2008年9月5日に木星の軌道と火星の軌道の中間にあるメインベルトと呼ばれている小惑星帯にある小惑星ステインズ(asteroid2867 Steins)の側を通過時にステインズを連続撮影しました。
     ステインズは、ダイヤモンド型をした長径5kmほどの小型の小惑星ですが、表面に連続したクレーターの列が発見されました。これは、太古に連なった多数の隕石が次々と衝突して出来たものと考えられています。
     彗星探査機ロゼッタは、2010年に小惑星ルテティア(asteroid21 Lutetia)に近づき、2014年11月に最終目的地である彗星(Churyumov-Gerasimenko)に着陸し探査する予定になっています。
     画像クリックで、拡大して見ることが出来ます。

    SOURCE:NASA、ESA

    「秘密の世界」へ

    steins_rosetta_big.jpg


    スポンサーサイト
    1. 2008/09/09(火) 10:23:46|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<美しいリング状星雲M57 | ホーム | 銀河衝突の痕の姿を見せるろ座の巨大銀河NGC1316>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/291-406bf97d

    shibamatax

    09 | 2017/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search