秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    皆既日食のときに捉えられた美しい太陽のコロナ

     皆既日食の時、太陽のコロナを見ることが出来ます。写真は、2008年8月1日にロシアのKochenevoの近くで撮影された皆既日食で、太陽から放射状に揺らめくように流れ出ているコロナを捉えています。太陽の表面温度は、6000度ですが、コロナの温度は100万度~200万度もあります。何故コロナがこのような超高温になるのかは、未だ分かっていません。
     新月の月は、太陽の光を反射した地球からの光で、薄っすらとクレーター等の地表の様子を見せています。
     なお、写真は、28枚の画像を組み合わせた合成画像です。
     画像をクリックで拡大して見ることが出来ます。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    2008年8月1日の皆既日食の別の記事へ

     
    sun   edge  2008.8.1  colona


    スポンサーサイト
    1. 2008/08/13(水) 10:09:28|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<はくちょう座の超新星の爆発痕NGC6960 | ホーム | ダイナミックな銀河の衝突の姿を見せるArp148>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/287-84057a9f

    shibamatax

    04 | 2017/05 | 06
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search