秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えたフォボスの最新画像

     NASAの火星探査機"マーズ・リコネッサンス・オービター"(MRO)は、2008年3月に火星の衛星フォボスを鮮明に捉えました。
     写真は、フォボスから6000kmの距離まで近づいて撮影されたものです。
     フォボスの表面にある大きなクレーターは、スティック二ー・クレーターと名づけられているフォボス最大のクレーターで直径は9kmあります。フォボスの大きさは27km×21km×19kmですので、衛星の大きさに比較して非常に大きなクレーターであると言えます。
     地表の奇妙な溝は、隕石が衝突してクレーターが出来た時の衝撃によるものと考えられていますが、詳しいことは分かっていません。なお、色は地表の様子を分かりやすくするために強調されています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    mars phobos PSP_007769_9010_IRB_Stickney


    スポンサーサイト
    1. 2008/04/10(木) 13:35:29|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<アリゾナ州フラッグスタッフの美しい満天の星空 | ホーム | いて座の美しい球状星団"M55">>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/267-0c45ee83

    shibamatax

    10 | 2017/11 | 12
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search