秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    地球から35,786km上空の静止衛星と星の光跡

     衛星通信及び地球観測の為に地球の赤道上空35,786kmの軌道には、現在238個の静止衛星が地球の自転角速度と同じ角速度で公転しています。
     静止衛星の光度は、10等星~14等星の星と同じくらいのかすかな明るさです。
     写真は、東経232.5度~266.5度の範囲に並んでいる34個の静止衛星で、夫々呼称が付いています。写真は、アリゾナ州のキットピークで、2007年3月19日に8時間30分掛けて撮影されたものです。
     一番明るい星の光跡は、おとめ座のスピカのものです。

    ※画像クリックで拡大します。

    SOURCE:EPOD、National Solar Observatory

    「秘密の世界」へ

      
    nso_geosats.jpg

    スポンサーサイト
    1. 2007/09/05(水) 16:31:58|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1
    <<ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたウルトラ最深宇宙の姿 | ホーム | 皆既月蝕時の月の変化の様子>>

    コメント

    初めまして。

    宇宙は私のロマンです。

    応援して帰ります。
    1. 2007/09/05(水) 19:22:22 |
    2. URL |
    3. 林檎川 #-
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/234-6324be3a

    shibamatax

    07 | 2017/08 | 09
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search