秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    SOHOが捉えた太陽の大規模なコロナ質量噴出

     ESAとNASAの共同事業によって1995年に打上げられ、太陽と地球を結ぶ線上の地球から150万km離れているラグランジュ点で太陽を周回している太陽探査機SOHO(Solar and Helispheric Observatory)は、太陽の大規模なコロナ質量噴出(Coronal Mass Ejection)を捉えました。
     写真は、2002年にSOHOによって撮影された太陽から200万㎞以上も広がる大規模なコロナ質量放出(CME)の画像です。このような大規模なコロナ質量放出は、平均一週間に1回程度の頻度で起きますが、太陽の活動が活発な時には1日に2回以上起きることもあります。
     なお、この写真は、コロナ部分と太陽本体とを別撮りして合成した画像です。
     画像クリックで拡大します。

    20070207102422.jpg


    SOURCE:NASA,ESA

    人気blogランキングへ

    banner_03.gif





    スポンサーサイト
    1. 2007/02/07(水) 10:24:31|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<マーズ・エキスプレスが撮影した火星の水が流れた跡 | ホーム | オリオン座の発光星雲"Flame Nebula">>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/204-71601fac

    shibamatax

    06 | 2017/07 | 08
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search