秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ラッコは海に住む最も小さな哺乳類

     ラッコは、海に住む最も小さな哺乳類で、アラスカ、カリフォルニアや千島列島等の北太平洋の寒冷地沿岸の海に生息しています。ラッコの体は綿毛と呼ばれる1平方センチ当たり15万本も生えている密集した細かい毛で覆われています。きわめて保温性が高く柔らかなラッコの毛皮は高級品のため、かつてはラッコは乱獲されていましたが、絶滅危惧種に指定され国際的に保護されています。
     平均的なラッコの大きさは、雄で体長1.4m、体重27Kg、雌は一回り小型で体長1.3m、体重22Kg程度です。ラッコは霊長類を除いて、唯一、貝を割ったり採取するために石を道具として日常的に使う生物です。ラッコは、一日に体重の30%近くの餌を食べます。
     ラッコの寿命は、15~20年程度です。意外に知られていないことですが、アザラシやオットセイの仲間は陸地や氷の上で繁殖活動を行いますが、ラッコは海で繁殖活動を行い、生涯陸地や氷の上で生活する時間はほとんどありません。

     20060823100318.jpg


    20060823100403.jpg


     写真下は、画像クリックで画面いっぱいに拡大します。

    20060823105216.jpg



    SOURCE:Veloopity,Vicki&Chuck Rogers

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト
    1. 2006/08/23(水) 10:00:07|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<いて座の方向にあるラグーン星雲"M8" | ホーム | 多くの新しい星が作られている星雲"RCW49">>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/168-c77ed3d8

    shibamatax

    10 | 2017/11 | 12
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search