秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    稀少になったアフリカ象とインド象

    象は、主に中央アフリカに住むアフリカ象とインドを中心としたアジアに住むアジア象がいます。アジア象は、日本ではインド象といわれています。
    アフリカ象は、成獣で3.5~6.0tの体重があり、陸上の生物で最大の種で、現在、アフリカに約50万頭が生息しています。
    アジア象の成獣は、アフリカ象より一回り小型で大きい個体でも5tを多少上回る程度です。アジア象は、インド、スマトラ、スリランカに生息していますが、その数は僅か32000頭といわれています。
    アフリカ象とアジア象は、いずれも陸上生物の頂点に立つ貴重な生物で、何れも絶滅危惧種に指定されています。
    写真上は、中央アフリカのアフリカ象です。
    写真中はアジア象です。アフリカ象より耳と牙が小さいのが特徴です。
    写真下は、筆者が2005年10月に撮影した上野動物園のインド象です。

    african_elephant_composite108955.jpg


    asian_elephant_composite.jpg


    57496105_6b5c71a98a_o173.jpg




    SOURCE:WWF

    WWFへ

    「秘密の世界」へ
    スポンサーサイト
    1. 2005/07/25(月) 21:27:29|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<火星着陸点の360度の画像 | ホーム | 宇宙に咲くバラの花"バラ星雲">>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/16-66009d2e

    shibamatax

    06 | 2017/07 | 08
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search