秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    巨大な太陽のプロミネンス(紅炎)

    太陽の表面に現れるプロミネンス(紅炎)は、太陽表面の局所的な所から噴出した約7000度の高温のガスが磁場の線上に流れることによって起き、大きなものでは太陽の表面から10万km以上の高さになります。写真は、地球を周回している太陽観測衛星(TRACE satellite)が2000年7月に撮影した太陽の巨大なプロミネンスです。太陽と比べるとそれほど大きく見えませんが、高さは約10万kmあり、地球がたてに8個も並んでしまいます。画像クリックで拡大します。

    20060729125056.jpg


     SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    スポンサーサイト
    1. 2006/07/29(土) 12:51:16|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:1
    4. | コメント:0
    <<火星探査機バイキングが撮影した火星 | ホーム | マーズエクスプレスが撮影した火星の表面>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/158-cb529f6b

    紅炎紅炎(こうえん)とはプロミネンス(solar prominence)ともいい、太陽の表面から吹き上がるガスのこと。皆既日食の際に月に隠された太陽の表面から立ち昇る赤い炎のように見えることから名づけられた。紅炎が赤く見えるのは彩層と同様に主にHα線を放射しているためである
    1. 2007/07/27(金) 07:25:07 |
    2. 天文・宇宙を知る

    shibamatax

    08 | 2017/09 | 10
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search