秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    鮮明に捉えられた天王星の姿と輪

    太陽系の第7惑星である天王星は、地球と太陽の距離の19.2倍も遠いところを公転しているため、その鮮明な姿を地球上から見ることは不可能でした。しかし、ハワイのマウナケア火山にある世界最大級の口径10mの天体望遠鏡(Keck Observatory)によって、初めて地上からこれまでにない鮮明な天王星とその輪の画像を得ることが出来ました。画像の天王星の右側が北半球になり、白い広大な雲が確認できます。
    写真は、Keck Observatoryによって2004年7月に撮影されたものです。このような鮮明な画像は、大口径の反射鏡と光工学とコンピュータ解析の最新技術による補償光学の画期的な進歩によって、地球上空の空気の揺らぎによる影響を少なくすることで可能となったものです。この補償光学によってかつての10倍の解像度を得ることが出来るようになりました。
    画像クリックで拡大します。

    20060618160633.jpg



    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    1. 2006/06/18(日) 16:02:36|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<地球からは見ることが出来ない三日月形の海王星とトリトン | ホーム | いて座の方向にある天の川銀河の中心>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/143-6d0db313

    shibamatax

    09 | 2017/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search