秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた木星に新たに出現した大赤斑Jr

     木星の大赤斑は、木星表面の観測が始まった300年ほど前から存在していましたが、2006年2月からこの大赤斑の子供とも言える大赤斑Jrが新たに出現しています。2006年4月にハッブル宇宙望遠鏡は、この木星の大赤斑と大赤斑Jrを撮影しました。
     大赤斑Jrは、ほぼ地球と同じ大きさがあります。大赤斑と大赤斑Jrは赤色をしていますが、なぜこのような色に発色しているのかは今日でも謎となっています。なお、ハッブル宇宙望遠鏡による木星の画像の解像度は、1973年12月に木星の横を通過した際に、木星を撮影したパイオニア10号による木星画像の解像度と同等といわれています。
     画像クリックで拡大します。

    20060506095434.jpg


    SOURCE:NASA

    人気blogランキングへ
    スポンサーサイト
    1. 2006/05/06(土) 09:55:02|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<白色矮星を中心に抱える惑星状星雲"NGC2440" | ホーム | 宇宙の宝石箱のような散開星団"NGC290">>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://shibamataxx.blog16.fc2.com/tb.php/126-9c91b648

    shibamatax

    08 | 2017/09 | 10
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search