FC2ブログ

    秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ほうおう座の神秘的な最深宇宙の世界

     ほうおう座の方向にある神秘的な姿を見せる最深宇宙は、SPT-CLJ2344-4243と付番されているフェニックス銀河団です。写真は、ハッブル宇宙望遠鏡で捉えられた画像とチャンドラX線宇宙望遠鏡が捉えた画像を合成したものです。
     フェニックス銀河団は、地球から57億光年の距離にあります。チャンドラX線宇宙望遠鏡などの観測結果から、フェニックス銀河団の中心部には、太陽質量の100億倍以上の超巨大なブラックホールが存在していると考えられています。
     画像をクリックすると拡大してみることが出来ます。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    20200327 STSCI-H-p1944a-f-1306x1306 (1024x1024)
    スポンサーサイト



    1. 2020/03/28(土) 10:05:07|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    2019年の最後に発見された彗星アトラス(ATLAS C/2019 Y4)

     NASAの彗星探査チームによって発見された彗星アトラス(ATLAS C/2019 Y4)は、2019年に発見された最後の彗星になりました。
     写真は、2020年3月18日に、ニューメキシコから撮影された美しい彗星アトラスです。写真の左上に青緑色に輝く彗星アトラスが見えます。この時、彗星アトラスは地球から光速で9分の距離にありました。これは、火星の軌道よりも離れた位置になります。
     写真右下に見える銀河は、M81とM82です。
     彗星アトラスは、2020年3月31日に太陽に最接近する予定です。彗星アトラスが太陽に最接近する前後の数日は、場所によって地球から裸眼で観測できると考えられています。
     写真下は、彗星アトラスのズームアップです。



    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    20200322 C2019Y4_200318_FB1024

    20200322 b02 C2019Y4_200318_FB (2)







    1. 2020/03/22(日) 16:48:19|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたくじら座の渦巻型銀河 M77

     南天のクジラ座にある渦巻型銀河 M77(NGC1068)は、地球から4700万光年離れています。M77の直径は10万光年あります。M77は、セイファート銀河に分類されており、その中心部は非常に明るく、ガスの放出や新しい星の生成など活発な活動が行われています。また、その中心には巨大なブラックホールが存在していると考えられています。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しいフェイスオンの M77のすがたです。
     画像をクリックすると拡大します。


    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    2020031902M77Halpha_HubbleSchmidt_2290 (1073x786)


    1. 2020/03/20(金) 17:57:17|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

     ピク・デュ・ミディ天文台から見た満天の星空

     ピク・デュ・ミディ天文台は、ピレーネ山脈にある標高2877mの ピク・デュ・ミディ(the Pic du Midi )の山頂にあります。写真は、 ピク・デュ・ミディ天文台がある山頂から、2020年2月中旬に撮影された12枚の画像を合成した、満天の星空です。
     写真中央左に、オリオン座が見えます。右端の明かりは、フランスのタルブ(Tarbes)という街の灯りです。
     画像クリックで拡大します。


    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    20200308 Pano_Robley2 (1100x579)
    1. 2020/03/08(日) 13:22:42|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    おおいぬ座のいるか星雲Sharpless308

     おおいぬ座の方向にある巨大な宇宙バブルに見えるSharpless308は、地球から5200光年の距離にあり、イルカの頭の形に似ていることからいるか星雲とも呼ばれている美しい星雲です。
     Sharpless308は、満月の視角よりも大きく0.7度もあり、差し渡しの大きさは60光年あります。
     Sharpless308の中心にある明るい星はWOLF-Rayet starと名付けられた巨星で、太陽の20倍の大きさがあります。この巨大な宇宙バブルの外郭を作っているのは、このWOLF-Rayet starが7万年前に大爆発したことによると考えられています。
     写真をクリックすると拡大します.

     SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ 
    人気ブログランキングへ




    20200302 Dolphin_Pleiades_960


    1. 2020/03/02(月) 16:12:02|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax(J・Shioura)

    02 | 2020/03 | 04
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search