FC2ブログ

    秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    オポチュニティーが最後に捉えた火星の360度パノラマ写真

     オポチュニティーは、NASAによって2003年7月7日に打ち上げられ、2004年1月24日に火星に無事着陸し、その後探査を続けていましたが、2018年6月1日から吹き荒れた火星の巨大砂嵐の影響で、ソーラー・パネルに太陽光線を十分に受けることが出来なくなり、2018年6月10日の地球との通信が最後の通信となってしまいました。これによって、NASAは、2019年2月14日をもって、約15年間の火星探査車オポチュニティーのミッションを終了いたしました。
     写真は、オポチュニティーが2018年5月13日から6月10日までに撮影した354枚の画像を合成した最後の火星の360度パノラマ写真です。写真の色は、実際の色に見えるように画像データが調整されています。一部データの関係上モノクロの部分があります。
     撮影地は、エンデバークレーター(Endeavour Crater)の近くにある忍耐谷(Perserverance Valley)と呼ばれている所です。写真右の中央上にエンデバークレーターの縁がほんの少し見えます。
     写真右下の見える岩は。高さ7mあります。
     
    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ



    人気ブログランキングへ
    20190312 22342_PIA22909-LegacyPan-True-NASA








     
    スポンサーサイト
    1. 2019/03/29(金) 10:38:11|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡がくじら座の方向に捉えた美しい銀河団Abell370の姿

     ハッブル宇宙望遠鏡は、くじら座の方向に多くの銀河をを抱える美しい銀河団(Abell370)を鮮明に捉えました。写真中央部には、重力レンズ効果による美しいアークが見えます。Abell370は、地球から40億光年の距離にありますが、この美しいアークは更に遠方の80億光年の彼方にある銀河からの光が、Abell370に属する銀河やダークマターの重力によって歪められて出来たものです。
     写真は、画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ



    20190319 Abell370Arcs_HubbleAndreo_960



    1. 2019/03/20(水) 07:20:33|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

     NASAの土星探査機カッシーニが捉えたエンケラドゥスの北半球

     土星の衛星エンケラドゥス(Enceladus)は、最大直径512Kmの衛星で、地表温度はマイナス200度という極寒の氷の世界です。
     NASAの土星探査機カッシーニ(Cassini)は、2016年11月、エンケラドゥスから13万kmの距離からエンケラドゥスの北半球を鮮明に捉えました。
     カッシーニは、2005年と2009年には、エンケラドゥスの南極で、間欠泉のように水や氷や塵などが数十キロメートルも上空にジェットのように吹き上げられている不思議な噴出流の様子を捉えています。
     写真は、画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    20190310 PIA20522enceladusC



    1. 2019/03/10(日) 12:24:04|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ニュー・ホライズンズが最接近時に捉えたウルティマ・トゥール

     2006年1月19日に打上げられたNASAの探査機ニュー・ホライズンズ(New Horizons)は、2015年7月14日に冥王星に最接近し12500kmまで近付きました。
     その後も航行を続けたニュー・ホライズンズは2019年1月1日に、エッジワース・カイパーベルト内の太陽系外縁天体ウルティマ・トゥール(Ultima and Thule)に近付き、28000kmの距離からその最初の姿を撮影することに成功しました。
     写真は、2019年1月1日にニュー・ホライズンズが、ウルティマ・トゥールに3500kmまで最接近した210秒前に撮影されたもっとも解像度の高い画像で、9枚の画像を合成したものです。
     ウルティマ・トゥールは、地球から66億kmも離れており、ニュー・ホライズンズからの電波も6時間も掛かって地球に届きました。
     ウルティマ・トゥールは、全体の長径が30kmある雪だるま型の天体で、大きい方が直径19km(ウルティマ)(Ultima)、小さい方が直径14km(トゥール)(Thule)です。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ



    20190301 ultima-thule-1-ca06_022219_1024




    1. 2019/03/03(日) 10:07:56|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    02 | 2019/03 | 04
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search