FC2ブログ

    秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた美しい木星の姿

     ハッブル宇宙望遠鏡は、2016年に木星の美しい姿を捉えました。写真左下に大赤斑が移っています。大赤班の長径は、16500kmあり、地球がすっぽり入ってしまいます。大赤斑は、年々小さくなっていることが核にされています。
     写真は、コンピューターの画像処理によって鮮明化されています。画像の色は実際の色を強調しています。

    「秘密の世界」へ
     
    SOURCE:NASA

    人気ブログランキングへ


    JupiterOpal_HubbleMasztalerz_1880 (1024x1024)








    スポンサーサイト
    1. 2018/04/26(木) 09:41:40|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    カシオペア座のシャボン玉のようなバブル星雲NGC7635

     カシオペア座の近くにある星雲NGC7635は、その形がまるでシャボン玉のように見えることからバブル星雲と呼ばれています。
     NGC7635は、地球から7100光年離れたところにあり、そのバブルの直径は7光年もあります。NGC7635の中心には太陽の45倍以上も大きく、また太陽の数百倍も明るい巨大な恒星があり、その恒星から強い恒星風によってイオン化されたガスが吹き飛ばされ、そのガスの集まりが恒星のエネルギーを受けてバブルのように光って見えると考えられています。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が2016年に撮影したクリアーな最新画像です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ



    BubbleNebHST_kakitsev1024.jpg




    1. 2018/04/20(金) 09:44:33|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた美しい南半球の砂丘

     NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターは、2014年1月14日に火星の南半球にあるクレーター内の砂丘の美しい姿を250km上空から捉えました。
     撮影時は、南半球が冬に入った時期で、砂丘の表面に二酸化炭素の霜がついているところがあります。撮影範囲は、画像の左右で1.5Kmです。
     撮影時、太陽は地平線から5度の位置にありました。画像の色は強調されています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    marsHirise_ESP_035143_1325_1096 (1)




    1. 2018/04/16(月) 21:34:24|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    03 | 2018/04 | 05
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search