秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    国際宇宙ステーションから捉えたオーストラリアの美しいグレートサンディ砂漠

     地球の上空約400kmの軌道を一周約90分で周回を続けているNASAの国際宇宙ステーション(ISS)から、オーストラリア北西にあるグレートサンディ砂漠(Great Sandy Desert)nの美しい姿が撮影されました。
     写真は、2017年6月2日からスタートしたエクスペディション52(Expedition52)のISSの宇宙飛行士によって、2017年7月に撮影されたものです。
     グレートサンディ砂漠は、東西約800km、南北500kmになる広大な砂漠ですが、大州合わせると数百に上る塩湖もあります。
     写真の砂漠の白い部分は、雨期に氾濫した塩分を含んだ水が蒸発して塩が地表に残ったために出来たものです。地面がはっきり見えるところに砂丘の列が見えます。これらの砂丘の高さは1.5~3.0mほどです。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ




    iss052-e-20826_lrg.jpg

    スポンサーサイト
    1. 2017/11/17(金) 15:54:01|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    くじら座のエッジオン銀河NGC1055

      くじら座の方向にあるエッジオン銀河NGC1055は、地球から6000万光年の距離にあり、その直径は10万光年あります。
    NGC1055の核を取り囲む銀河の腕の部分には、ピンク色に輝く星の形成領域が点在しています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ




    NGC1055-ESO-Crop1024_1.jpg




    1. 2017/11/11(土) 11:50:58|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    彗星探査機ロゼッタが捉えたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の地表の割れ目から噴出するジェット

     ESAの彗星探査機ロゼッタ(Rosetta spacecraft)は、2014年8月3日にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(Comet 67P/Churyumov-Gerasimenko)に285kmの距離まで達し、2014年8月6日には周回軌道に無事乗ることが出来ました。そして着陸機フィラエは、2014年11月12日にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星への軟着陸が成功しています。
     写真は、ロゼッタが2017年7月にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の周回軌道から捉えたチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の地表の画像です。
     地表の割れ目からガスと氷のかけらと塵が噴き出ているのが分かります。
     ロゼッタは、この画像の撮影の2か月後にミッションを終了し、ロゼッタに投入されています。

    SOURCE:NASA、ESA
    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ



    Jet67P_Rosetta_960.jpg




    1. 2017/11/08(水) 15:59:31|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    10 | 2017/11 | 12
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search