秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    活動期に太陽の表面に現れた巨大なフィラメント構造

     太陽の活動は11年ほどの周期で変動しており、前回の太陽活動の極大期は2013年でした。
     写真は、波長1~10ナノメートルの極紫外線を使って極大期に近い2012年に撮影されたものです。写真は、疑似カラーで色は反転しています。太陽の表面には、活動期に見られる巨大なフィラメント構造が見えます。太陽の周囲には、巨大なプロミネンスも確認できます。
     太陽の背景には、はるか彼方の無数の恒星が確認できます。
     画像クリックで拡大します。



     SOURCE:NASA

    秘密の世界へ



    人気ブログランキングへ




    blacksun_lafferty_1600 b


    スポンサーサイト
    1. 2017/02/20(月) 08:19:51|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたとも座のひょうたん星雲

     とも座の方向にある惑星状星雲の初期の姿を見せるひょうたん星雲(The Calabash Nebula)(OH231.8+4.2)は、太陽位の大きさの恒星が最期を迎えた比較的初期の姿を見せています。
     ひょうたん星雲は、地球から5000光年の距離にあり、その長径は1.4光年あります。
     塵と濃いガスによってひょうたん星雲の中心にある白色矮星は見えませんが、この星から噴出された塵やガスは、時速100万km位のスピードで宇宙に拡がっています。ひょうたん星雲は、The Rotten Egg Nebulaとも呼ばれています。 
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたひょうたん星雲です。
     画像クリックで拡大します。


    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    Calabash_HubbleSchmidt_960.jpg





    1. 2017/02/16(木) 10:58:42|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アカタマ砂漠から撮影された満天の星空と大気光

     写真は、チリのアントァガスタ州にあるアカタマ砂漠から撮影された満天の星空です。
     写真中央に大きく弧を描く美しい天の川の下には、口径8.2mの大口径望遠鏡があるヨーロッパ南天文台(European Southern Observatory,ESO)(パラナル天文台とも言う)があるセロ・パラナル山(Mountain Cerro Paranal)(標高2600m)が見えます。
     写真の中央には大マゼラン雲が見えます。大マゼラン左下には小さく小ゼラン雲が見えます。
     天の川の下方に見える淡い緑色と赤い色は、大気光(airglow)と呼ばれている珍しい自然現象です。
     写真は、2016年4月に撮影されたものです。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    beletskYairglow_pano (1280x566)

    beletskYairglow_pano_labelsC (1) (1024x453)




    1. 2017/02/08(水) 17:40:27|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    shibamatax

    01 | 2017/02 | 03
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search