秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    探査機ニュー・ホライズンズが捉えた冥王星の衛星達

     2015年7月14日に冥王星に12500kmまで最接近したNASAの探査機ニュー・ホライズンズ(New Horizons)は、冥王星の最大の衛星であるカロンの他の衛星達の撮影も行いました。
    冥王星の直径は2370km、カロン(Charon)の直径は1214kmもありますが、他の衛星達の長径は小さくニクス(Nix)は40km、ヒドラ(hydra)は45km、ステュクス(Styx)は約10km、ケルベロス(Kerberos)は約13kmとされています。
     写真は、ニュー・ホライズンが捉えた冥王星の個々の衛星の画像を多い差を比べられるように合成したものです。
      画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    PlutoMoons_NewHorizons_1080.jpg




    スポンサーサイト
    1. 2015/10/28(水) 22:57:40|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    冥王星はカラフルな天体だった

     NASAの探査機ニュー・ホライズンズ(New Horizons)は、2015年7月14日に冥王星に12500kmまで最接近しました。ニュー・ホライズンからは、これまでに撮影した画像データなどが順次地球に送られて来ており、すべてのデータが地球に送られるにはさらに1年以上掛かります。
     写真は、2015年10月16日にNASAから発表された最新の画像で、ニュー・ホライズンズが冥王星に最接近した少し前に撮影したものです。
     写真中央から右上にかけて冥王星を象徴する巨大なハートマークは、Tombaugh Regioと名付けられています。ハートマークの外側の部分の大地が様々な色をした異なる物質でできているのが良くわかり、冥王星が太陽系の地球以外の惑星や準惑星、衛星の中でも特にカラフルな天体であることが分かりました。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    nh-pluto_crop_jpg (985x639)



    1. 2015/10/19(月) 13:23:01|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    スペインで撮影された驚異のスーパームーンの皆既月食の美しい姿

     2015年9月28日は、月が一年で最も地球に近くなるスーパームーンでしたが、スペイン等ではスーパームーンと同時に皆既月食を見ることが出来ました。
     写真は、9月28日にスペインの東の地中海に浮か島、イビーサ島(Ibiza、Iviza)で撮影された200枚以上の画像を合成したスーパームーンの皆既月食の変化の様子です。
     次に地球上で皆既月食のスーパームーンを見ることが出来るのは、18年後の2033年でアジアやオーストラリア等で見ることが出来ます。
     画像クリックで拡大します。



    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    LightningEclipse_Hervas_1900.jpg



    1. 2015/10/10(土) 14:55:23|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0

    マーズ・リコネッサンス・オービターが捉えた火星の表面を流れた水の跡は塩水と判明

     火星のクレーターで水の流れた跡は、NASAの火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターによって2011年に撮影された火星のニュートン・クレーター(Newton Crater)と名付けられているクレーターで初めて発見されました。
     その後も火星探査機マーズ・リコネッサンス・オービターによって撮影された他のクレーターの斜面にも、同様の水の流れた跡が発見されています。
     NASAは、その後の精査によってこの水は塩水であることが確かめられたと発表しました。この塩水の塩分濃度は生物が棲める程度の低い塩分濃度であることも分かりました。しかし、これらの水がどこから発生しているかは、未だ謎となっています。
     これらのクレーターで発見された水の流れた跡は、暖かくなる火星の夏に出現しています。
     写真上は、マーズ・リコネッサンス・オービターが2013年3月12日に撮影したガーミ・クレーター(Gami Crater)で、クレーターの斜面に水が流れた跡があるのが分かります。
     写真下は、マーズ・リコネッサンス・オービターが撮影したホロウイッツ・クレーター(Horowitz Crater)で、こちらも斜面に水が流れた跡があるのが分かります。


    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    pia19917_perspective_6.jpg

    MarsStreaks_HiRise_1225.jpg



    1. 2015/10/06(火) 17:47:11|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    09 | 2015/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search