秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

     ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた木星とガニメデの神秘的な姿

     ハッブル宇宙望遠鏡は、2015年3月10日に地球の周回軌道から太陽系最大の惑星である木星と太陽系最大の衛星であるガニメデの神秘的な姿を捉えました。木星の直径は14万3000km、ガニメデの直径は5260kmあります。木星の大赤斑の長径は16500kmあります。ちなみに地球の月の直径は、3480kmです。

    「秘密の世界」へ
     
    SOURCE:NASA

    人気ブログランキングへ

    Jup2015_03_10rgb09Peach.jpg




    スポンサーサイト
    1. 2015/05/24(日) 17:58:31|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    惑星探査機ドーンが捉えた準惑星ケレスの神秘的な姿の最新画像

     NASAの惑星探査機ドーン(Dawn)は、火星と木星の軌道の間にある小惑星帯の準惑星ケレス(Ceres)から13600kmの軌道を周回して観測を行いました。ケレスの長径は959kmあります。
     写真は、ドーンが2015年5月4日に周回軌道から撮影したケレスの北半球の一部です。写真中央下のクレーター内に不思議な明るい所がありますが、これは観測の結果、水か二酸化炭素等の氷が太陽光を反射しているものと考えられています。
      
    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    201505 ceres



    1. 2015/05/18(月) 15:42:21|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    宇宙から見たアラスカ半島とアリューシャン列島

     アラスカ半島とアリューシャン列島は、北アメリカプレートの下に太平洋プレートが潜り込む地殻活動が非常に活発な地域にあり、活火山は40峰もあります。
     アリューシャン列島の南側には、アリューシャン海溝があり、北側にはベーリング海が広がっています。アリューシャン列島は、長さ1930kmもあります。
     写真1は、NASAの地球観測衛星アクア(Aqua)が、2014年5月15日に撮影したアラスカ半島とアリューシャン列島の東側部分です。この写真の中には、活火山と休火山を合わせて52の火山があります。
     写真2は、写真1のアリューシャン列島の左側部分で、左端には、Islands of the Four Mountainsと呼ばれる小さな火山諸島があります。
     写真3は、国際宇宙ステーションが2013年11月15日に撮影したIslands of the Four Mountainsです。4つの島の火山は、写真の左からHerbert火山、Carlisle火山、Cleveland火山、Tana火山です。Herbert火山は標高1280m、Carlisle火山は標高1620m、Cleveland火山は標高1730m、Tana火山は標高1170mです。
     写真4は、2012年5月31日に飛行機から撮影されたIslands of the Four MountainsのCleveland火山(左側)とCarlisle火山(右側)です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA,Buzz Hoffman
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    AleutianIslands_amo_2014135_lrg (1024x788)

    AleutianIslands_amo_2014135_lrg.jpg

    ISS038-E-003612 nasa

    アリューシャン列島 フォー・マウンテンズ諸島 左がクリーブランド山、右がカーライル山2012年5月31日、飛行機の中








    1. 2015/05/12(火) 10:46:47|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    水星探査機メッセンジャーが水星の地表に衝突

     NASAの水星探査機メッセンジャー(MESSENGER)は、2004年8月3日に打上げられ、フライバイ航法で水星に近付き2008年3月18日に水星の周回軌道に無事載りました。
     その後メッセンジャーは、順調に水星の探査を続けていました。メッセンジャーは、探査終了後に2015年3月に水星の表面に突入されることになっていましたが、当初の予定から一か月程遅れて、2015年4月30日に秒速4kmの速度で水星の地表に衝突しました。
     メッセンジャーは、水星の北東部にあるシェークスピア盆地付近に衝突したと考えられています。
     写真は、メッセンジャーが衝突したと考えられている地域の水星の表面です。標高の高い所は赤色、低い所は青色になっています。
     広い青色のシェークスピア盆地の左の大きなクレーターは、ジャナセック・クレーター(Janacek crater)で直径は48kmあります。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    messengerImpactSite_black600.jpg


    1. 2015/05/04(月) 13:02:42|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    04 | 2015/05 | 06
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search