秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    オリオン座、プレアデス星団等満天の星空をバックに移動するラブジョイ彗星

     ラブジョイ彗星(C/2014 Q2)が、地球に最も近付いた近地点は2015年1月7日で、近日点は2015年1月30日でした。写真は、2015年1月14日にスペインで撮影されたもので、オリオン座、プレアデス星団等の多くの星雲が見える満天の星空をバックに移動する緑色のラブジョイ彗星が確認できます。
     写真下は、ラブジョイ彗星のクローズアップ画像です。
     このラブジョイ彗星が、楕円軌道を回って地球のそばに戻ってくるのは、8000年後と考えられています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    LovejoySky_casado_annotated_926.jpg

    LovejoySky_casado_4975.jpg





    スポンサーサイト
    1. 2015/01/31(土) 14:09:02|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ロシアのマニププニョール高原の石柱

     ロシアのウラル山脈の西側にあるコミ共和国のマニププニョール高原の石柱は、ロシアの7不思議の一つに挙げられています。
     マニププニョール高原の石柱は、風の浸食が生んだものとも言われていますが、どのようにして出来たのかはまだわかっていません。この石柱の高さは、大きなもので地面から40mもあります。
     写真は、2014年2月に撮影されたもので、背後には美しい天の川が写っています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    SevenStrongSky_sergei_5204 (1) (1024x718)






    1. 2015/01/27(火) 10:15:39|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハッブル宇宙望遠鏡とスピッツァー赤外線宇宙望遠鏡によって捉えられた天の川銀河の中心部

     私たちの天の川銀河は渦巻き型銀河と考えられていますが、その中心はいて座の方向の天の川の中にあります。
     天の川銀河の中心部(Galactic Center)は、太陽系から3万光年離れています。天の川銀河の中心部は、可視光線では塵によって星の光が遮られ細かなところまでは見ることが出来ません。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡の赤外線観測装置を使用して2008年に撮影された2000枚の画像とスピッツアー赤外線宇宙望遠鏡によって塵を通して捉えられた画像を合成して作成された天の川銀河の中心部です。
     写真の右下の明るい部分は、銀河の中心にあると考えられている超巨大ブラックホールのサギタリウスA*を中心とする星団です。
     写真の撮影範囲は、画像の左右300光年、上下115光年です。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    gcenter_hstspitzer_1080.jpg



    1. 2015/01/18(日) 22:26:31|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    太陽の南半球に出現した巨大なコロナホール

     2015年1月1日の太陽は、2014年12月31日まで出現していたコロナ大放出は収まり、太陽の南半球にには、平均的なコロナよりも密度が低く、また温度も低いため暗く見える巨大なコロナホールが出現しました。
     コロナホールは、1973年に打上げられたスカイラブの活動によって発見された比較的新しい現象で、まだ詳しくその成因は分かっていません。
     太陽の活動は、2014年がピークであったと考えられており、今後太陽の活動はさらに縮小していく周期に入ったと考えられています。
     写真は、2015年1月1日にNASAのSDO太陽観測衛星(Solar Dynamics Observatory)によって捉えられた太陽とその巨大なコロナホールです。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    20150101_001043_1024_0193.jpg




    1. 2015/01/09(金) 10:33:48|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    M79銀河の近くを通過するラブジョイ彗星(C/2014 Q2)

     ラブジョイ彗星(C/2014 Q2) の近日点は、2015年1月30日で、地球に最も近付く近地点は、2015年1月7日です。写真は、2014年12月28日に撮影されたもので、オリオン座のベルトの南にあるM79銀河の近くを通過しているラブジョイ彗星です。
     北半球では、近日点の付近では肉眼でもラブジョイ彗星を見ることが出来ます。また、2015年1月下旬頃までは、小さな双眼鏡を使用してラブジョイ彗星を確認することが出来ます。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    cometcluster_willasch_1080.jpg

    <追加画像>
    おうし座をバックに美し姿を見せるラブジョイ彗星。2015年1月13日撮影。
    lovejoyJan13RBA (900x565)

    左上の円は、満月の大きさを示しています。






    1. 2015/01/04(日) 15:28:22|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    12 | 2015/01 | 02
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search