秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    おとめ座をバックに逆行する火星

     地球から見る火星は通常は日々西から東に移動しますが、地球が火星よりも太陽に近い所を早い角速度で公転している為に約2年に一度、火星が東から西に逆行運動する時があります。
     写真は、2013年12月5日(写真右)から2014年8月8日(写真左)までの地球から見た火星の動きを捉えた合成写真です。撮影は、4日~6日間を開けて撮影されており、おとめ座をバックにした火星の逆行運動の様子が良く分かります。
     2014年4月14日は、火星が丁度地球を挟んで太陽の反対側を通り、地球に最接近しました。この時火星は、マイナス1.4等星まで明るくなりました。
     写真中央下に輝く明るい星は、おとめ座の1等星のスピカ(Spica)です。
      画像クリックで拡大します。

    SOURCE:NASA
    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    RetrogradeMars2014_tezel_annotated_1080.jpg

    スポンサーサイト
    1. 2014/10/29(水) 10:10:44|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    最大級の黒点群AR2192と神秘的な部分日食

     現在太陽活動は活発期に入っていますが、特に2014年10月17日に出現した太陽表面の活発な活動領域である黒点群AR2192は、2008年以来の最大級の大きさの黒点群です。AR2192の出現後、コロナ大量放出も最大級のXクラスが2回も発生しています。
     写真上は、10月22日に撮影されたAR2192で、その直径は木星の直径と同じくらいの大きさで4万kmもあります。
     写真下は、カリフォルニア州サンタクルーズ(Santa Cruz)で10月23日に撮影された神秘的な部分日蝕とAR2192です。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    smFriedman_shivak2192_1024.jpg

    pse_bigbolte1024.jpg




    1. 2014/10/27(月) 09:44:36|
    2. 太陽
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    さそり座の散開星団M6とサイディング・スプリング彗星

     サイディング・スプリング彗星(Comet Siding Spring)(C/2013 A1)は、2013年1月3日にオーストラリアの天文家ロバート・マックノート氏によって発見され、非周期彗星と考えられている彗星で、近日点は2014年10月25日です。

     写真は、2014年10月9日に撮影されたもので、さそり座の散開星団M6(NGC6405)の近くを横切る様子が捉えられています。サイディング・スプリング彗星は、これまで発見された彗星の中で最も火星に近付く彗星で、2014年10月19日には火星から139,500kmの距離の所を通過しました。
     写真上はM6とM6の上方を通過するサイディング・スプリング彗星です。
     写真下は写真上のサイディング・スプリング彗星のズームアップです。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    M6SidingSpringLigustri (800x705)

    M6SidingSpringLigustri.jpg



    1. 2014/10/20(月) 15:43:52|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    こぎつね座の散光星雲NGC6820と散開星団NGC6823

     こぎつね座の散開星団NGC6823は、散光星雲NGC6820に重なるように存在する新しい星の集団です。写真は、地球から6000光年の距離にあるNGC6823とNGC6820の一部です。
     NGC6823の差し渡しの大きさは50光年あり、青白く輝く新しく誕生した星々が集まっています。
     NGC6820の中も活発な活動領域となっており、ガスと塵で出来た巨大な柱が見えます。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    ngc6823_waid_1080.jpg



    1. 2014/10/12(日) 15:17:26|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    火星探査車キュリオシティが捉えた火星に落ちた隕石

     NASAの火星探査車キュリオシティ(Curiosity)は、2014年5月25日(Sol640)に火星の直径154㎞のゲールクレーター(Gale Crater)内の中央峰であるシャープ山(Mt.Sharp)に向かう途中、長径で2mもある大きな隕石を発見し、その表面を詳細に撮影しました。
     写真は、キュリオシティに搭載されている2種類のカメラによって撮影された複数枚の画像を合成したものです。
     写真下は、写真上の中央部のズームアップです。隕石の表面が、高熱によって融けた様子が良く分かります。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    pia18387-MSL-ChemCam-Lebanon-full (1100x527)

    pia18387-MSL-ChemCam-Lebanon-full (2)




    1. 2014/10/04(土) 17:05:05|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    09 | 2014/10 | 11
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search