秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた赤外線銀河MCG-03-04-014

     ハッブル宇宙望遠鏡は、赤外線観測装置を使用して、赤外線銀河(Luminous infrared galaxies)MCG-03-04-014を捉えました。
     赤外線銀河とは、太陽から放射される赤外線量の1000億倍以上強い赤外線を放出している銀河のことです。
     MCG-03-04-014では、星の形成領域での爆発やブラックホールなどの活動によって強い赤外線が出ていると考えられています。
     また、銀河の端を見ると左右非対称になっていることから、他の銀河の影響を受けていると考えられています。
     写真は、ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した画像です。
     写真下は写真上の赤外線銀河MCG-03-04-014のズームアップです。
     
    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ


    luminous-infrared-galaxies-MCG-03-04-014.jpg

    luminous-infrared-galaxies-MCG-03-04-014 (2)



    スポンサーサイト
    1. 2014/02/24(月) 13:49:30|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    土星探査機カッシーニが捉えた不思議な土星の正六角形の雲の最新画像

     土星探査機カッシーニは、2013年11月23日に土星の北半球の上空から、北極点を中心にして形作られている不思議な正六角形の雲の最新画像を撮影しました。
     どのようにして出来たか分からないこの不思議な正六角形の雲は、1980年に惑星探査機ボイジャーによって初めて発見されたもので、その後も姿は変わらずに正六角形を維持しています。
     カッシーニは、この画像を土星上空250万kmの所から撮影しました。画像の解像度は1ピクセルあたり150kmです。

    SOURCE:NASA,ESA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    pia17147.jpg




    1. 2014/02/16(日) 11:04:56|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    うみへび座の美しい棒渦巻銀河NGC5101とエッジオン銀河NGC5078

     うみへび座の美しい棒渦巻銀河NGC5101とエッジオン銀河NGC5078は、何れも地球から9000万光年の距離にあります。
     写真の右上の銀河がNGC5101で、左下の銀河がNGC5078です。NGC5078の下にある小型の銀河は伴銀河のIC879です。
     NGC5101とNGC5078は、我々の住む天の川銀河と同じくらいの大きさの巨大銀河ですが、この二つの銀河間の距離は80万光年しか離れていません。
     明るく輝いている星は、天の川銀河の所属する恒星です。
     写真中はNGC5101のズームアップです。写真下はNGC5078とIC879はのズームアップです。 

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ

    NGC5101NGC5078IC879MP (1280x763)

    NGC5101NGC5078IC879MP b

    NGC5101NGC5078IC879MP c








    1. 2014/02/09(日) 08:12:04|
    2. 銀河・宇宙
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:1

    ルナー・リコネサンス・オービターが捉えた月の裏側にあるコマロフクレーター

     NASAによって2009年6月18日に打上げられた月探査機ルナー・リコネサンス・オービター(LRO)は、月の裏側にあるコマロフクレーター(Komarov crater)を鮮明に捉えました。
     コマロフクレーターは、月の裏側の北半球にあるモスクワの海(Mare Moscoviense)の横にあり、直径は80kmあります。コマロフクレーターの底面には、リル(rille)と呼ばれる巨大な溝が多数あります。リルの成因は未だよく分かっていません。
     写真上は、モスクワの海とコマロフクレーターです。
     写真中は、コマロフクレーターです。
     写真下は、コマロフクレーターの底面にあるリルのクローズアップです。リルの右側の土手の中央に比較的新しく出来た小さなクレーターがあります。画像の左右の差し渡しは2.5kmです。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ

    人気ブログランキングへ



    WAC2_Moscoviense (1024x738)

    new_WAC (800x641)


    M130653607RE_thumb (800x800)





    1. 2014/02/02(日) 21:45:39|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0

    shibamatax

    01 | 2014/02 | 03
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 -

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search