秘密の世界Ⅱ [The Secret WorldⅡ]

    素晴らしい宇宙や地球と動物の姿を見ることによって、心が休まる癒しの世界に入ります。そして、自然に対する理解も深まります。

    太陽に最接近し分裂したアイソン彗星

     アイソン彗星(C/2012 S1)(ISON)は、世界標準時の2013年11月28日18:45に太陽に最接近しましたが、直径139万9000kmの太陽の表面から僅か100万㎞まで接近したことによって、アイソン彗星は分裂してその姿を変えてしまいました。
     写真上は、ESAとNASAによって1995年に打上げられた太陽観測衛星SOHOが捉えた太陽とアイソン彗星です。太陽の実際の大きさは白線の円で示されています。
     写真上の右側は11月28日17:00に撮影された太陽に最接近1時間45分前のアイソン彗星で500万㎞以上の長さを持つ美しい彗星の尾が見えます。
     写真上の左側は、11月28日23:24分に撮影された太陽に最接近した4時間半後のアイソン彗星で、本体が最接近時に分裂し小さくなって、残った核の一部が尾を引いているのをアイソン彗星の軌道上に見ることが出来ます。
     画像クリックで拡大します。
     写真下は、NASAが2006年に打上げた太陽観測衛星STEREO-Aが2013年11月21日に捉えたアイソン彗星と地球、水星、エンケ彗星(Comet Encke)です。太陽は、この画面の右方向にあり、STEREO-Aからは地球が一番離れた所に位置しています。


    SOURCE:NASA,ESA

    「秘密の世界」へ


    人気ブログランキングへ

    ISONperihelionLASCOc2.jpg

    ison_encke_hi1_srem_a.jpg





    スポンサーサイト
    1. 2013/11/30(土) 10:37:49|
    2. 彗星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    美しいカリフォルニア星雲NGC1499とプレアデス星団M45

     ペルセウス座とおうし座の間には、美しいカリフォルニア星雲(NGC1499)とプレアデス星団(M45)があります。
     散光星雲であるNGC1499は、その形がカリフォルニア州の姿に似ていることからカリフォルニア星雲とも呼ばれています。NGC1499は、地球から1500光年の距離にあり、差し渡しの大きさは100光年あります。
     美しい散開星団で知られるM45は、プレアデス星団とも呼ばれています。M45は、地球から400光年の距離にあり、差し渡しの大きさは15光年です。
     写真の左側の赤色の星雲がNGC1499で、右端の青白く輝く星々の集団がM45です。なお、この写真の左右の視角は12度もあり、満月だと25個も横に並ぶ広い範囲が写されています。

    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ


    人気ブログランキングへ

    2013-11_C2P_2048px (1000x639)



    1. 2013/11/22(金) 21:57:24|
    2. 宇宙・星雲・星団
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ノルウェーのリーセフィヨルドにある奇跡の断崖絶壁プレーケストールン

     ノルウェー南部の北海につながっているリーセフィヨルド(Lysefjord)にある奇跡の断崖絶壁プレーケストールン(preikestolen)は、水面から604mの高さがあります。プレーケストールンの最上部の平らな上面の岩は、約25m×25mの広さがあり、この岩の端にはフェンスも立ち入り禁止区域も全くないために、端から下を覗き込むと604mの崖の真下を直接見ることが出来ます。
     プレーケストールンは、ノルウェーの第4の都市スタヴァンゲル(Stavanger)から北東に25kmほどの所にあります。プレーケストールンは、英語名ではPulpit Rockとも呼ばれています。


    SOURCE:Yanis Ourabah,buchowski

    「秘密の世界」へ


    人気ブログランキングへ


    1460037_676768322357226_buchowski.jpg

    Prekeistolen  Norway jpegno Yanis Ourabah (2)


    edge_of_preikestolen.jpg







    1. 2013/11/15(金) 17:00:23|
    2. 地球
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    火星探査車キュリオシティーが捉えたシャープ山の見事な地層

     NASAによって2011年11月26日に打上げられた火星探査車キュリオシティーは、2012年8月6日に火星のゲールクレーター内に無事軟着陸をしました。
     写真は、キュリオシティーが2012年8月12日に撮影したシャープ山(mount Sharp)の麓部分で、見事な地層が捉えられています。
     写真中央の小高い丘は、幅が約300m、高さが約100mと計算されています。
     画像クリックで拡大します。


    SOURCE:NASA

    「秘密の世界」へ


    人気ブログランキングへ

    681054main_pia16105-full_full (1080x722)






    1. 2013/11/07(木) 15:03:34|
    2. 惑星・衛星
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    アンデス山脈に自生する珍しい植物モンキーパズルツリー

     アンデス山脈は、南アメリカ大陸の太平洋側の北緯10度から南緯50度まで南北7500km、幅750kmもある巨大な山脈です。
     このアンデス山脈の中のアルゼンチンとチリにまたがった地域である南緯37度から40度付近の標高1000m以上の所に、珍しい植物モンキーパズルツリー(Monky puzzle tree)が自生しています。
     モンキーパズルツリーは、Araucaria araucanaとも呼ばれており、和名ではチリマツと呼ばれています。モンキーパズルツリーは、大きなものでは幹の直径が2m、高さは30mから40mにもなります。ナンヨウスギ科に分類されているモンキーパズルツリーは、絶滅危惧種に指定されています。
     画像クリックで拡大します。

    SOURCE:Eifion

    「秘密の世界」へ


    人気ブログランキングへ

    Eifion.jpg

    Eifion 4023446632_7f360846e5_o (1024x683)




    1. 2013/11/03(日) 17:01:07|
    2. 生物
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    shibamatax

    10 | 2013/11 | 12
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    Recent Entries

    Recent Comments

    Recent Trackbacks

    Archives

    Category

    Links

    Search